シリンダー

様々なシリンダーを取りそろえております。アサヒプロテクトニーズは経験豊富なスタッフが時代を先取りした技術 を積極的に取り入れ、お客様のニーズに応えます!

シリンダーの特徴と原理

■PRシリンダー

特長

■2WAYロータリータンブラー方式のハイセキュリティシリンダー
タンブラーは、キーとの接触面が異なるメインタンブラーとサイドタンブラーの2WAY構造です。理論鍵違いは1,000億通りとなります。
■膨大な理論鍵違い数
タンブラーは11列11枚でメインタンブラーは4段変化、サイドタンブラーは2段変化となります。そのため理論鍵違い数は1,000億通りという膨大な数になります。
■高い耐久性能
U9シリンダーと同様に、耐摩耗性・耐埃性等の高い耐久性能を誇ります。

■優れた防犯性
すべてのタンブラーが同時に揃わないと回転しないロッキン グバーと複雑な形状のアンピッキングタンブラーを採用。
ピッキングは非常に困難です。
■ドリル攻撃にも対処
シリンダー内に複数の高硬度部品を使用しているため、ドリ ル攻撃にも高い抵抗力があります。
■耐かぎ穴壊し性能に2グレード
シリンダーの耐かぎ穴壊し性能の高低によりG2、G3の2グレードあります。鍵の取付場所を考慮して最適な性能のものをお選びいただけます。
■不正なキー複製をシステム的に防止
オーナー以外のキー複製をシステム的に防止できる<セキュリティ認証IDシステム>もオプションでご用意しております。

■可能キーシステム
●マスターキーシステム
●グランドマスターキーシステム
●マルチマスターキーシステム
●逆マスターキーシステム
●同一キーシステム
●コンストラクションキーシステム
●ダブルコンストラクションキーシステム

原理

①キーを抜き取った状態では図-1に示すように、ロッキングバーがスプリングによって外筒の溝に押しつけられています。
また、タンブラーはタンブラーバネによって押されています。
この状態で内筒を回転させようとしても、(タンブラーの 切欠がロッキングバーの上方にないため)タンブラーに 阻まれて、ロッキングバーは上方へ上がることができず、
内筒を回転させることができません。

②合いかぎを差し込むと、タンブラーはキーの刻みによって 押され、切欠がロッキングバーの上方にくるまで回転・整列します。この状態で内筒を回転させようとすると、溝とロッキングバーとのテーバーによって、スプリングに抗してロッキングバーが上方に押し上げられ、内筒を回転させることが出来ます。

■U9シリンダー(ロータリーシリンダー)

特長

■大規模なキープランが可能
タンブラーは9列9枚で4段変化のものを使用していますので鍵違いの数は、150,994,944通りにもなり、各種キープランに対応可能です。ますます複雑、大規模になって行く、建物のキープランも、余裕をもって対応できます。
■優れた耐久性
タンブラーはリン青銅製ですので、耐摩耗性に優れ、シリンダー寿命がさらに向上しました。
■優れた防犯性
安全性に優れたロータリータンブラーに加え、タンブラーが9枚、キーの切り込み深さが4段変化となり、耐ピッキング性能は、一段と向上しています。
■耐かぎ穴壊し性能に3グレード
シリンダーの耐かぎ穴壊し性能の高低によりG1~G3の3グレードあります。錠の取付場所を考慮して最適な性能のものをお選びいただけます。

■可能キーシステム
●マスターキーシステム
●グランドマスターキーシステム
●グレートグランドマスターキーシステム
●マルチマスターキーシステム
●逆マスターキーシステム
●コンストラクションキーシステム
●ディスプレイキー、エマージョンシーキーシステム

原理

①キーを抜き取った状態では図-1に示すように、ロッキングバーがスプリングによって外筒の溝に押しつけられています。また、タンブラーはタンブラーバネによって矢印の方向へ押されています。この状態で内筒を回転させようとしても、(タンブラーの切欠がロッキングバーの上方にないため)タンブラーに阻まれて、ロッキングバーは上方へ上がることができず、内筒を回転させることができません。

②標準の子鍵(合鍵)を差し込むと、タンブラーはキーのきざみによって押され、切欠がロッキングバーの上方にくるまで回転、整列します。この状態で内筒を回転させようとすると、溝とロッキングバーとのテーパーによって、スプリングに抗してロッキングバーが上方に押し上げられ、内筒を回転させることができます。

シリンダー

U9、UR、UR-J、PR、PR-J、JNと6種類のシリンダーを用意しています。
使う場所の機能に合わせて最適なシリンダーをお選びいただけます。

U9シリンダー

URシリンダー

UR-Jシリンダー

PRシリンダー

PR-Jシリンダー

JNシリンダー